より良い教育を受けて世界へ羽ばたこう

勉強は、将来の職業や給与、地位などに関係するだけでなく、自分の可能性を広げてくれる力を持ったものです。
特に、近年の世界経済はグローバル化が加速し、世界が国境の隔たりを超えて関係を築いてきています。
こうした劇的な変化から、世界で活躍できるグローバル人材の育成が日本でも活発化してきています。
ここで言うグローバル人材とは、国際共通語である英語を流暢に使いこなすことができる人材で、同時に英語でのコミュニケーション能力の高い人材のことを示しています。
このように、多くの企業が欲しがる人材になるには、英語教育の充実が欠かせません。
残念ながら、今の日本の英語教育には、問題があると言えます。
英語は、数学や歴史のように、一定の定められた回答を得る学問ではありません。
人と人とがコミュニケーションをとるための道具であり、より柔軟にとらえるべきものなのです。
つまり、より良い英語教育を受けることで、ボーダーレスに活躍できる人になり、より良い職業や給与を手に入れることも可能になります。